聖魔 l壱楼l  Lv170こえました。。のんびりまったり自分流に楽しみたい。。   はずなのに最近のメイポやたら忙し; ────── inメイプルストーリー(杏)


by ichiro_maple

7月のできごと

すでにつっこまれてますが、7月は更新0! 
やっちまいましたヽ(´▽)ノ アハハ

忙しかったのだーーーー><  いろいろとb
でもメイポやってたじゃん?
だって優先順位が メイポ>ブログ なんだからしかたない。

たぶん8月も微妙に安定しない日々が続くので
ブログの更新もどうなるかわかりませぬが (メイポ武器ほしいし・・
たま~に記事書くので 見捨てないで覗いてやってくださりませ (_ _;)/~~


て、7月のできごとをおさらいーーーーーー(((((((っ-_-)っ 

んっと、まず嬉しかったこと。
いろいろあったけど やっぱりなんといってもまずは
相棒のぁんcがインしたこと(^-^)b

さっそく姫で肩慣らしして
c0099678_10131820.jpg


武者沸かせてみて
c0099678_10221367.jpg


涼風さんとたこせんぼさんも巻き込んで ぁんc初骨龍に行って
c0099678_10164880.jpg


お風呂にはいってc0099678_10233885.jpg








          (*ノノ)キャー


ぁんちゃんは まだまだこれからも 
リアルの事情でほとんどインできない日々が続くだろうけど
引退とかは考えないで スローペースで楽しんでいければ
いいんじゃないかなって思います。
僕は、来てくれたらいつでも いつもどおりお相手しますよん♪



そして 悲しいこと。

涼風さんの引退。。。
c0099678_10554237.jpg


いつも一緒に狩ってたひとがいなくなるのって
ほんと寂しいなぁ・・。
前々からリアのために引退しなきゃ とは言ってたから
いつかはこうなると思ってたんだけど、
やけにあっさりいなくなっちゃったな。

鮮やかな狩り同様、去り際もすばやいな・・・(;¬_¬)


  涼風さんとの出会いは結構古くて
  まだ僕がレベル40代だった頃、 経験値2倍イベントの日
  満員の提灯からあぶれてカニングの地下鉄のレイス
  そこも全chいっぱいで、しかたなく ソロで狩ってる投げさんに
  半分使わせてくださいませんか
  って頼んだひとが涼風さんだったのです

  その頃は、強い知り合いって全然いなくて、
  近々知り合うことになる
  サイトさんの友達のLv70こえてる斬りの揣ー摩さん か
  同じくLv70くらいだったかな、この涼風さん。
  (なぜこんな強いのにレイス狩ってたんだろ・・
  まだまだ知らないことだらけで、
  この投げさん親切だし友達になってもらおーって頼んだら
  こころよくOKしてくれました。

  なんとその頃の涼風さんのメインはLv103のDK Σ(´ロ`;)つょっ
  氷の槍を持つ 孤高の黒い戦士
  オルビス行きの船上 まだ僕には金魚同様の強敵バルログを
  迎え撃とうと帆の先に静かに立つ姿が むちゃかっこいい (>_<)
  (結局このときはバルログ来なかったんだけどね


  いつかは一緒にグループ組んで狩りができる日がくるのかな
  なんて思って、自然と僕の目標になりました。


だから、師匠みたいなもんなんです。
姉御やら武者やらいろいろ教えてもらいました。
僕がまだ90代、涼風さんが113の頃
2人だけで80分近くかけて天狗倒したのは今でもいい思い出。
火力よわくても 押せなくても なんとかなるもんなんだなw

涼風さん一時期インしない期間があったので、
だんだん追いつくことができたんだけど
涼風さんとの狩りではLvとか火力とかじゃなくて
もっといろいろ学ぶことがあって。
一緒に組んでいて、すごく動きやすいんですよね。
けして僕のヒールに頼ってないし、失敗しても責めないし
鮮やかなテクもさることながら、
一緒に組む人の気持ちに敏感で、常に気配りを忘れない。

投げ職のひとって最強職のため
ついつい火力重視の利己的なひとが多くなるけど
そして僕自身も聖魔の特権で傲慢になりがちだけど
そんな時、涼風さんのスタイルは
ほんとに大事な部分はそんなところじゃないぞって
思い出させてくれます。

  引退したものの、涼風さんはいつかリアルが落ちついたら
  ひょっこり覗きにきてくれそうな気がする。  ってか、きてほしい;;
  半年後でも1年後でも、リアで一息つけるようになったら
  メイポのことも思い出してみてね。
  国家試験とかいろいろ大変だろうけど がんばって!d(>_< )

c0099678_1291982.jpg

[PR]
by ichiro_maple | 2007-08-04 10:24 | 日記